子供 家族

子供の服への執着!女の子は小さくても女の子


子供服って可愛いものがたくさんありますよね

大人の服よりも高価なものもありビックリすることもありますが、子供が小さな頃はほぼ親の好みです

この服が似合うかも!?この服着たら可愛いよね〜!なんて子供の服を選ぶのは楽しいものです

子供の服は親のセンスも出ていて娘の保育園でよその親子を見かけるとお揃いを着ているかのように見えます

きっと我が家も同じ様に思われているんでしょうね

しかし、子供の好みが出て服を選ぶようになるとシャツ一枚選ぶのにも一筋縄ではいかなくなります

女の子は服にうるさい!?

選んだ服を娘が嬉しそうに着てくれると私も嬉しくなります

しかし、年齢が上がるにつれて徐々に好みが現れ気に入らない服だと文句を言うようになってきました

子供1人1人の個性にもよりますが、服にこだわる女の子は多いようですね

娘は可愛いイラストやキラキラするも、スカートであればヒラヒラのものが大好きです

気に入っていると鏡を見ながらくるりんと回ってポーズをとったりしているので凄く分かりやすいです

気に入らない服であれば全く着てくれないので服を買うのが凄く難しくなりました

可愛い格好をしてくれるのは嬉しいですが、こだわりが強いのも困ったものです

肌触りを確認するお買い物

服選びで生地の感触を確認することってないでしょうか?

女性は服を買う場合、肌触りも重視する人が多いそうです

私も夏場は減りますが冬のお買い物では目に入った服の感触を確認したいがためにお店に踏み入れたりします

そして、4歳の娘も『コレ気持ちいぃ♩』と言いながら、私が良さそうだなぁと思いながら見ていた服を先に触っていました

服を選ぶ時も可愛さに次いで触り心地で選んでいる時もあります

毎年成長して服が着れなくなっていくのに、気に入ってくれるものは少ない

保育園のお着替えが足りない!!なんてことになったりします

女の子の服選びは難しいですね

身だしなみを気にする一歩


身だしなみを整えることは大事なことで、気にしないよりは気にする子になって欲しいと思っています

少々こだわりが強い部分もありますが『可愛い服が着たい』『可愛い』と言われたい、そういう風に思うことが自分の身だしなみを整える一歩ではないかと思います

まだまだ『我が道を行く』状態で、トレーナーをスカートにINしたり『それはちょっと…』というこだわりをみせる事もあります

他人には『変』でも本人にとってはオシャレの1つです

よほど変でなければ、なるべく本人の感性に合わせてあげたいと思います

しかし、最近キャラクターものにハマっているので服や靴でキャラクターものが欲しいと言わないことを願うばかりですね

読んでいただき、ありがとうございます

-子供, 家族